浄化槽の管理


浄化槽の管理


 浄化槽の適正な維持管理(保守点検・清掃・法定検査)が行われないと浄化槽の機能が発揮されなくなり、放流水により公共水域の汚濁の原因となります。
そのため、浄化槽法では管理者(設置者等)に浄化槽の保守点検・清掃・法定検査の実施を義務付けています。

また、保守点検、清掃、法定検査は適切な時期に行うことにより1年を通してきれいな水を出し続けることができます。
   


浄化槽維持管理システム


当社では「保守点検」「清掃」「法定検査」それぞれの役割が十分に発揮されるように、各機関と連携して、保守点検実施回数が最低回数(年間3回)でも年間とおしてきれいな水が放流されるように設置者様に浄化槽維持管理システム(作業工程表)を組んで作業の実施をさせていただいております。

■ 浄化槽維持管理システム作業工程表(年間)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
清 掃                      
保守点検                  
法定検査                        
(例)小型合併処理浄化槽(10人槽以下)
   


保守点検


保守点検は浄化槽装置や機械の調整、修理、スカムや汚泥の状況を確認、又消毒剤の補充等、浄化槽の機能を正常に保つために定期的に行う点検作業です。
(浄化槽10人槽以下 年間3回以上)※全バッキ型除く
保守点検は技術上の基準に従って浄化槽管理士資格者が行わなければなりません。(浄化槽法第8条)
   


清掃


清掃は、浄化槽に発生した汚泥などの引き出し、調整及びこれらに伴う機器類の洗浄、掃除などの作業をいいます。
浄化槽の清掃は、浄化槽の清掃の技術上の基準に従って行わなければなりません(浄化槽法第9条)
(浄化槽10人槽以下 年1回)※全バッキ型除く
   


法定検査


  法定検査は車検と同様の役割があります。浄化槽の機能が正常か否かを確認するため、浄化槽管理者(設置者)は浄化槽法により検査を受けることが義務づけられています。

○7条検査(浄化槽設置後の水質に関する検査)
新たに設置、または構造若しくは規模を変更した場合に、使用開始後3カ月を経過した日から5ヵ月の間に実施するもので、当該浄化槽が所期の処理機能を有するか否かに着目し、設置の状況を中心として行う検査。

○11条検査(定期検査)
毎年1回、定期的に実施されるもので、当該浄化槽が、適正な維持管理により所期の処理機能が確保されているか否かに着目し、保守点検及び清掃の状況を中心として行う検査。