浄化槽について


浄化槽とは


浄化槽は下水道と同等の処理能力をもった日本発の優れた生活排水処理施設です。
浄化槽には合併処理浄化槽(し尿、生活雑排水を処理)単独浄化槽(し尿を処理)があります。

※平成13年4月1日から浄化槽法が改正され、法律上では、合併処理浄化槽のみが「浄化槽」として位置づけされ、トイレの汚水のみを処理する単独浄化槽は、原則として新たな設置ができなくなりました。

私たちの住む町には公共下水道、農業集落排水、浄化槽の主に3つの施設で生活排水を処理し地域の水環境を守っています。
また、浄化槽は、下水道施設に比べ①整備費用が安価②整備期間が短期③災害に強い
の利点があり5~6万人口の市町村の生活排水対策には浄化槽が適合といわれており現在各自治体で注目を集めています。

   


浄化槽のしくみ


浄化槽は水中に存在するたくさんの微生物の力を借りて汚れをきれいにします。

     

■汚水の中の浮遊物を取り除くとともに、「ろ材」に付いている嫌気姓微生物が汚水の中の有機物を分解します。これを2つの槽で処理します。

■ブロワーから十分空気が送り込まれている状態の中で、汚水が槽の中を循環し、「接触材」に付いている好気姓微生物が有機物をさらに分解します。

■汚水を浄化した微生物の塊(汚泥)は沈み、上澄み水を消毒槽へ送ります。

■塩素剤で滅菌・消毒し、衛生的に安全な水にして放流します。


使用上の注意




①トイレの洗浄水は、十分な量を流す。
②便器の掃除には、微生物に影響するような薬剤を使用しない。
③トイレにトイレットペーパー以外の異物を流さない。
④浄化槽の電源は切らない。また、通気口や送風機の空気取り入れ口はふさがない。
⑤マンホールの上に物を置かず、フタはいつもきちんと閉めておく。
⑥消毒剤は切らさず、常に消毒されるようにする。
⑦台所から、野菜くずや天ぷら油などは流さない。