下水道工事 汚水移送作業

ども、2日続けてブログ更新なんて、本当は暇なんじゃないか?

・・・営業の 塩田です。

 

さて、先日行った作業でブログに書こうと思っていて忘れてましたので、書かせて頂きます。

 

下水道は自然の勾配を利用して流れるのですが、すべてを勾配で流すと最後の方はとんでもない

深さになってしまうので、ところどころポンプが設置されています。

しかし、そのポンプの調子が悪いと下水を送れなくなるので、今回はポンプ交換作業の補助です。

 

ポンプ交換時には、ポンプが設置してあるポンプ槽には下水が入らないよう栓をして、

下水は吸引車で吸って下水処理場へ移送します。

ただ、今回のポンプ場、日中の流入量が多いため夜間作業となりました。

DSC_0718

交通量が少ないとはいえ、夜間ですので灯光器、バルーンライト等を設置して作業を行いました。

 

DSC_0719

交換後のポンプ。きれいですねー。

やはり、下水に浸かってるポンプなので普段は素手で触れないじゃないですか!?

新品の時しかない!って思うと、いつも素手でベタベタ触っちゃうんですよね(笑)。


カテゴリー: 未分類 |

コメントは受け付けていません。