リモート吸引作業

ども、夏前は仕事が少なく、どうしたもんかと焦り、各方面へ営業かけた結果・・・

ご依頼いただいた仕事量に、どうしたもんかと焦っている営業 塩田です。

忙しい(ふり)と言ってもブログを書く余裕があるので、何とかなるのでしょう。

 

さて、先日、お客様より新たに農場(B農場)を建設していて、そちらの排水処理にA農場の種汚泥を運んでほしいとご依頼を頂きました。

こちらは、設備も最新で私が知っている農場とは大違い!

そして、防疫にも大変気を付けておられ、農場間で病気を運ばない為に、

A農場で下りた人はB農場に下りれず、B農場で下りた人はA農場で下りられません。

 

と、言うことで

・私、運転手 B農場で種汚泥を排出

・K君、吸引作業員 A農場で種汚泥を吸引

と、完全分業で運搬を行いました。

 

なので、A農場で汚泥を吸引する時は、私は運転席から一切下りません(B農場で排出の為下りるので)。

クーラーの効いた車内でコーヒーを飲みながら、バックモニターでK君の作業を確認しました。

DSC_1018

もちろん、排出先のB農場では外に出て排出作業を行うのですが、

新しい仕事のスタイル良いかもです。


カテゴリー: 未分類 |

コメントは受け付けていません。